arctic

短縮URL→ arctic123.blog.fc2.com

ワンピース 魚人島編 の あらすじと背景と登場人物 パート4 (2012年9月放送分)

最近のあらすじと登場人物は左の目次から見つかります。


第566話(2012-09-30日曜放送)のあらすじ(速報版)(正式版)・・・このページの下のほうに書いてあります。
第565話(2012-09-23日曜放送)のあらすじ(正式版)・・・このページの下のほうに書いてあります。
第564話(2012-09-16日曜放送)のあらすじ(正式版)・・・このページの下のほうに書いてあります。
第563話(2012-09-09日曜放送)のあらすじ(正式版)・・・このページの下のほうに書いてあります。
第562話(2012-09-02日曜放送)のあらすじ(正式版)・・・すぐ下に書いてあります。


第562話(2012-09-02日曜放送)のあらすじ(正式版)

先週の訂正: デッケンは死んだようだったが、単に意識を失っているだけで、再び意識が戻る可能性もある。
あと、ここでは、風船とジャボンとドームはだいたい同じ意味で使っています。
では、今週のあらすじです。

タイトル→マウスでドラッグすると見れます→  第562話 ルフィ敗北!?ホーディ復讐の時
あらすじ:
ルフィーとホーディが戦ったが、やはり、水の中ではホーディのほうが上である。
ルフィーが劣勢になったので、今度はふかほし王子がホーディと戦った。しかし、ホーディのほうが強い。
ところで、ノアと魚人島の衝突が心配である。
魚人島にノアが衝突するのを避けるためには、次の2つの条件を満たす必要がある。
一つは、デッケンがまだ死んでいないで、意識がないにすぎないならば、意識が戻ること。
もう一つは、しらほしがノアの真下でなく横に移動することだ。でも、ホーディが邪魔するので、まず、ルフィーがホーディをやっつける必要があるのだ。
ノアは魚人島へ落下中で、このままほっておくと、魚人島に激突してしまう。それだけでなく、ちょっとかすめて魚人島のドームを傷つけるだけでも、水が入ってくるのでやばい。
なので、ルフィーはノアを破壊しようとした。そしたら、ふかほしが大反対した。ノアは歴史的にも未来のためにも絶対に破壊しては行けない重要なものだからだ。詳しいことはストーリーではまだ詳しく言ってないが、それはネプチューン王が以前から深星らに話していたことだったようだ。
ルフィーがホーディをやっつけるためには、ルフィーの不利にならない空気のある環境で戦うのが望ましい。そこで、ある作戦を考えた。
ノアに空気の風船を当てる作戦だ。当てて、ノアを大きな風船ですっぽり覆ってしまうというのだ。そうすれば、ルフィーは空気のあるノアの中や周辺でホーディと戦える。ルフィーは水の中は苦手(にがて)だが、空気のあるところで戦えばルフィーはかなり有利で、ホーディをやっつけることができる。
ではどうやって空気の風船で覆うのかをくわしく説明しよう。魚人島の空調設備を利用するのだ。その空調設備は普段は魚人島を包むドームの中に空気を送っている。しかし、今回は、緊急措置として、その空調設備とその空気のタンクで巨大な空気の風船を作り、その風船をノアに当てて、ノアを空気の大きな風船の中に入れるのだ。チャンスは一回だけで、外してしまえばそれっきりである。でも、その大きな風船によって浮力が発生することは期待できない。その大きな風船は海の底の魚人島用に作ったものなので、浮力が発生しない性質があるのだ。なので、風船でノアを覆ったとしても、魚人島にノアが衝突するのは避けられない。
深星王子はホーディと戦っているとき、ホーディーに「おまえは人間との共存を願うおとひめを殺した。人間をにくく思っているようだが、人間に何をされたのだ?」と質問した。その時、ホーディはじっと黙っていた。というか、2,3回ほど口を開けた後、ほくそ笑んだ。なんか変な感じである。どうやら、このとき、深星はあることに気づいたようだ。でも、深星はとどめを刺されたような感じでやられて投げ飛ばされた。少し後に、深星は瀕死の状態で苦しさをこらえながら、ルフィーとしらほしに「こでんでんむし」とかいう携帯電話でこう言った。「ホーディの正体がわかった。」と。何なのかというと、来週のお楽しみのようだ。
ホーディはルフィーと戦っている時、またもやエネルギーステロイドを飲んだので、それも気になる。
●●●●

第563話(2012-09-09日曜放送)のあらすじ(正式版)

タイトル→マウスでドラッグすると見れます→ 衝撃の事実!ホーディの正体!

あらすじ:
ふかほしによると、ホーディの正体がわかったそうなのだが、その話になる前に、ちょっと前の話をしよう。
時は、ノアの落下開始前にさかのぼる
デッケンの部下の鼻タレ大入道(別名はワダツミ)とサンジが戦っているシーンである。大入道はサンジに対してこう言った。「おいらはすごい技を持っているんだ。見ていろ。威嚇メガニュードー。」と。そう言いながら、息を吸い込んで腹をふくらませた。そしたら、腹がすごく大きくなった。あまりにも大入道の腹が大きくなったので、周りの木とか岩とか味方が腹に押されて弾き飛ばされた。でも、サンジは「ワザって、これか?なんなんだ。クラーケンのほうが大きいぞ。」と言った。そしたら、大入道は「じゃあ、これれもか(これでもか)?」って言いながら、もっと腹を大きくした。サンジは「全然たいしたことねーぞ」とか言った。大入道は「じゃあ、これれろうら(これでどうだ)」って言いながら、もっと、腹をふくらませて破裂しそうな感じだった。だいたい、サンジの作戦は読めてきましたね。まだ、先のことはわからないが、この調子だと、たぶん、サンジは大入道にうまいことを言って腹を破裂させるのだろう。
ワダツミ(= 大入道) サンジ

ワンピーベリーマッチアイシー! 第5弾 N ワダツミ 【メガ入道】 (IC5-20)


感想(0件)


150ピース ミニパズル ワンピース『サンジB』(150-081)


感想(4件)


ちょうど同じ頃(同じくノアの落下開始前です)、ネプチューン王に動きがあった。ネプチューン王はつかまって処刑されそうになっていたのをルフィーに助けてもらって、近くの仮の待避所にいたのだが、巨船ノアが近づいて来ていることに気づいた。「これはいかん。大変なことが起こっている。ノアが移動している」と言った。
すぐにネプチューン王の側近が国境警備隊にコデンデンムシで電話で状況を聞いた。すると以下の様な状況であることがわかった。整理すると、以下の3つの事実である。

◇ 通信設備がクーデター軍によって使えなくなったので、携帯電話(小でんでんむし)と放送設備しか使えなくなっていること。
◇ 国境警備隊は空調監視室(正式名はエアタンク制御塔。通称、エアタンク)にいること。
◇ ノアは、いったん魚人島から離れかけたのだが再び魚人島に向かっていること。

このような状況だとわかったので、ネプチューン王の側近はその電話でこう言った。「コデンデンムシと放送設備を組み合わせて島民に避難を呼びかけろ!」。つまり、空調監視室と放送施設は離れているので、
空調監視室 → コデンデンムシ → 放送施設 → 放送網 → 島民全員 
というルートで魚人島民全員に放送するのだと思う。
というわけで、島民に避難命令が放送された。
ちなみに、コデンデンムシと放送設備を組み合わせているので、例の魚人島の空調監視室とルフィーの会話が全島に聞こえてしまっている。なので、島にいる全員にノアや魚人島の状況やルフィーとの会話が聞こえた。ホーディの正体の説明も聞こえた。
その会話で魚人島のネプチューン王直属の軍隊が、ルフィーがいい奴だとやっと気づいた。そこで「麦わらだけに頼っていたのでは、我々ネプチューン軍の恥だ。黙って見ていてはならん。麦わらを援護しろ!」このように軍隊長が部下に命令した。そしたら、敵であるホーディ軍の歩兵が相手になって攻めてきた。でも、その中に、人間の奴隷もいた。ホーディにつかまって鎖につながれた状態で、歩兵になったり、隊長の車の移動のために引っ張ったりすることを強制されていた人間だ。そのホーディ側の隊長が「ハモハモハモ」っていう口癖のハモンドというヤツだった。
「魚人であろうと人間であろうと、奴隷というのはひどすぎる」とジンベイが言った。なので、「彼ら奴隷は、今は敵だが、奴隷ではひどすぎるので助けてやってくれ」とジンベイはロビンに頼んだ。すぐにロビンは得意技の「ナントカフルール」という遠隔操作の手で鎖の鍵を奪い、奴隷の人間を鎖から外した。奴隷の人間は、今まで鎖で囚われていて、頭にきていたので、ホーディの軍隊に仕返しをするようになった。まあ、奴隷の反乱っていう感じですね。今までホーディ側だったのがホーディの敵になったということである。

【ワンピース】バンダイフィギュアーツZERO(フィギュアーツゼロ)ニコ・ロビン(新世界Ver.)塗装済み完成品(即納可能です!)

価格:2,360円
(2012/9/10 01:35時点)
感想(0件)



さて、先週、ホーディの正体がわかったと言っていたが、それはいったい、どういう事なのか?
ホーディーと戦っていて、ふかほし王子が「どうして人間を憎んでいるんだ」って聞いた(尋問みたいに質問した)。そのとき、ホーディは2,3回ほど口を開けただけだった。しかし、実際はふかほし王子に何かを言っていた。なんて言っていたかというと、「俺達は人間に裁きを与えるべく天に選ばれて、力を得た」と。これだけで、ふかほしは理解できて、正体がわかった。だが、普通はこれだけでは理解できない。ストーリー(テレビ番組の内容)では別の言い方でも、説明していた。すなわち、
ホーディは環境が生んだ化け物だ。新魚人海賊団は怨念が作り上げた化け物たちだ。魚人島の闇で受け継がれてきた先人たちの恨みが、作り上げたものだ。魚人たちの憎しみが生んだ存在で、実体のない、空っぽの敵なんだ。
うーん。どうも、しっくり来ない感じの説明だが、ストーリー上ではこう説明していた。まあ、次回以降を見ればもっとよくわかるだろう。
ということで、今回はこれで終わり。
ホーディ

ワンピースコレクション 魚人族と人間【単品】11.ホーディ・ジョーンズ[バンダイキャンディトイ][21-A]《発売済み》

価格:230円
(2012/9/10 01:44時点)
感想(0件)


●●


第564話(2012-09-16日曜放送)のあらすじ(正式版)
タイトル→マウスでドラッグすると見れます→ ゼロに!ルフィーへの熱き願い!

あらすじ:
今回は、ホーディの過去とか、エネルギーステロイドの由来とか、人間を憎らしく思うようになった原因とかの話だ。あと、ふかほしが見抜いたホーディの正体の話だ。いずれも、ちょっとわかりづらい。あと、ノアが空気で覆うことができるかも心配だ。それから、ギョンコルド広場での戦いも気になる。
さて、本題。
昔の話だが、タイガーは魚人族の英雄だった。しかし、人間に殺された。乙姫も人間との友好のために署名運動や和平会議開催の働きかけをしていたにもかかわらず人間に殺された(実際はホーディが人間をうまく騙して殺した)。そこで、ホーディは再び英雄が必要だと考えた。乙姫が人間に殺されたという、誤情報で人間に対して憎しみを増加させ、ホーディが英雄になるという企みである。ちなみに、アーロンも英雄という扱いだ(後に滅ぼされたが)。ホーディはゼオやドスンなどの仲間を集めてエネルギーステロイドを見せ、大量生産することになった。このような経緯で新魚人海賊団ができた。

ふかほしは以前にこう言った。「ホーディは魚人たちの憎しみが生んだ存在で、実体のない、空っぽの敵なんだ。」と。でも、それを放送で聞いていた魚人の一人は「ふかほし王子は一体何を言いたいのか?」と言った。そのくらい、意味がわかりにくい。
では、どういう事かというと、根本的原因は魚人が人間を憎むという心である。これを怨念という。怨念とは、深く心に刻まれてしまった憎しみという意味である。
まとめを言うと、ホーディは魚人の人間に対する憎しみが原因で自然発生した、ということである。まあ、「実態のない空っぽの敵」という意味は、わかりやすく言うと、「ホーディとかは実体があるが、憎しみには根拠が全くない。おとひめはそれを伝えようとしたが、私たちは引き続き人間への憎しみを持っていた。ホーディが敵という以前に、我々が心のなかで抱いている憎しみという敵と戦うのが先だった」ということだろう。なので、言い換えると、全く先入観のないゼロの状態に心を戻すべきだということである。

フカボシ ミラクルバトルカードダス カード OP09-06 赤 U


ところで、エアタンク制御塔から大きな空気の風船をノアに向けて打ち込んで、ノアを空気の風船で覆う準備をしていた。ノアが射程内に入るころに、やっと必要な空気が溜まってやっと準備ができた。一回限りなので、もし外してしまうと、あとがない。慎重に打ち込んだ。そしたら、うまく、ノアをすっぽり覆うことができた。現在、しらほしがルフィーを乗せているのだが、その状態で、ホーディがしらほしを追いかけている。でも、ノアが空気で覆われたので、ルフィーがノアの中や近くでホーディと戦えるようになった。なので、しらほしはルフィーをノアの近くで放した。しらほしは近くで待機って感じだ。ということで、やっと、ルフィーがホーディと有利な形で戦えるようになった。
一方、ギョンコルド広場では、フランキーが墨を吐く奴(「・・・ッヒ」という口癖のイカロス・ムッヒ)と戦っていた。また、チョッパーはドスンを相手にしていた。パンチを受けたが、チョッパーは得意の変身で、敵のパンチをなんとか受け止めていた。ゾロは人斬り上戸のヒョウゾウさんと戦っていた。いずれも、麦わらの一味がかなり優勢である。

【ワンピーベリーマッチアイシー IC 第6弾】ワンピIC6-22-R)イカロス・ムッヒ【トレーディングカード通販買取「トレカ販売ショップテム」5000円以上送料無料!

価格:137円
(2012/9/17 02:35時点)
感想(0件)


空気のある環境でルフィーが戦えるので、来週が楽しみである。
今週はこれで終わり。



●●●

第565話(2012-09-23日曜放送)のあらすじ(正式版)

タイトル→マウスでドラッグすると見れます→ 「火拳銃!ルフィ渾身の一撃炸裂」 
あらすじ:
舞台はギョンコルド広場。
ブルックはゼオと戦っていた。ゼオが再び透明になって、ブルックに近づいた。でも、ブルックは音で気づいたので、「ここが変だぞ」とか思って、地面を刀で刺した。そしたら、ゼオの背中に刺さり、透明になるどころでなくなって、姿が見えてきた。ゼオはプライドが高いので、またもや、負け惜しみを言った。「わしの背中から出た血でお前の刀を溶かそうとしたんだ。うまく行ったぜ。その刀は、すぐに溶け始めるぞ」とか言った。溶けるわけないのに。
ゼオは意外と、ダメージがなく、今度は鎖をブルックの首に巻きつけて引っ張り、ブルックの首(正確には頭蓋骨)を身体から引き離した。でも、ブルックは骸骨なので、ばらばらになっても、再び元の体にくっついた。結果的に、ブルックはなんともなかった。ついでにいうと、ゼオはこの時、まさか元に戻るとは思わなかったので、びっくりして「おーーー」って言ってしまった。でも、ゼオはプライドが高いので、「驚いたんじゃないよ。自分に気合を入れただけだよ」という意味で、「おーー。気合が入ったー。よしっ。」って、言ってごまかした。
岩や地面や建物を食いちぎる能力のあるダルマさんはウソップと戦っていた。まだ決着は付いていない。
今度は、ノアの近くにいるルフィやホーディの戦い。
ルフィーとホーディが一対一の戦いになった。そしたら、ルフィーは一発パンチを食らわした。でも、少し効果があっただけだった。なので、もう一度パンチを食らわしたのだが、こんどのは今までにないパンチで、パンチに火が付いているのだ。どうやら、2年間の修業で、火拳のエースのワザがルフィーのパンチとミックスされたようだ。「ギアセカンド+火拳」の技である。その威力はすごく、ホーディは飛ばされてすごいダメージを受け、見ている誰もがホーディが負けてしまったと思ったぐらいだった。
再び、ギョンコルド広場の場面。
ゼオは今度は、突飛な作戦に出た。なんと、ホーディ側(ゼオはその幹部)の人間を殺しにかかった。このホーディ側の人間とは、以前から魚人に奴隷にされ、しかも、強制的に魚人側の兵隊にされ、ここで麦わらの一味に対して戦わされている。そういう身分の人間である。ゼオは、味方(人間だがゼオの味方)を攻撃しているのだ。なぜ、そんな事をするかというと、「死してなお人間を呪え」というあまり論理的でない理由である。魚人にはこういう理屈が成り立つのかもしれない。あるいは、人間を人質みたいにして、ルフィー側に戸惑いを起こさせる狙いがあるのか?卑怯なやり方かどうかは別として、それなら、すこしは論理的ではあるが。
マダム・シャーリーは魚人の子供たちと同じ場所にいた。魚人の子供は、ゼオのこのおかしな行動を疑問に思って、「人間ってそんなに悪いの?」とマダム・シャーリーに聞いた。マダム・シャーリーは「悪いやつかどうかは、今、目の前でホーディーと戦っている麦わら達を見ればわかるだろ?」と言った。
ワダツミ(大入道)が、前回に引き続き、腹に空気を入れて腹を物凄く大きくさせていた。サンジが「たしかに大きな腹だが、クラーケンのほうが大きいぞ」とか言って、ワダツミをそそのかしていた。で、もう、これ以上無理だっていうぐらいの腹の大きさになって、サンジは「いやー、これはすごい。驚いたよ」とか言って持ち上げていた。
フランキーもイカロス・ムッヒと戦っていたが、まだ決着は付いていない。ゾロはどうなったかというと、人斬り上戸のやつと刀で戦っていた。人斬りじょうごの刀は取っ手の部分しかなくなっていた。刀を持っていないのと同じである。まだ決着は付いていないが、どうみても、ほぼ、ゾロの勝ちって感じである。
一方、チョッパーの様子が変である。チョッパーは物凄く巨大になっていた。たしか、空島の時にチョッパーは巨大モンスターになっていたが、そのときは敵も味方も関係なく暴れて、味方からもちょっとまずいっていう不安があった。でも、今回は、2年間の修業のせいなのか、敵と見方の識別や認識ができている。
というわけで、ギョンコルド広場では戦闘中で決着は付いていない。
さて、先ほどルフィーに火拳のワザとパンチをミックスした技を食らったホーディはどうなったか?まだ生きていた。それどころか、何か、錠剤みたいな豆みたいのを口にどんどん放り込んでいた。たぶん、エネルギーステロイドだろう。ホーディは口に入れているうちに、みるみる体の色が変わり、目もすごい形になった。誰が見ても、パワーアップしているとしか見えない。エアタンク制御塔スタッフやルフィーもそれを見ていて、驚いている様子だ。
今回はここまで。●●●

ワンピーベリーマッチIC 第6弾 ゼオ【スーパーレア/SR】 IC6-26

中古価格
¥580から
(2012/9/23 18:11時点)






以下は速報版です。上記のとおり、正式版ができたため、もはや読む必要がなくなったけれど、とりあえず残しておきます。以下の薄い文字の部分です。速報版とは、テレビの放送でリアルタイムで見ただけで書いたあらすじです。なので、不十分な内容の傾向があるのですが、ビデオで慎重にチェックして正式版を書いてみたら、かなり完成度が高かった事がわかった。
第565話(2012-09-23日曜放送)のあらすじ(速報版)
あらすじ:
これは、私が、テレビを見たあと、記憶に頼って、そのまま書きました。なので、これは速報版とします。正式版は私が後にビデオで見ていっそうくわしく書きます。
では、あらすじです。
ルフィーとホーディが一対一の戦いになった。そしたら、ルフィーは一発パンチを食らわした。でも、少し効果があっただけだった。なので、もう一度パンチを食らわしたのだが、こんどのは今までにないパンチで、パンチに火が付いているのだ。どうやら、2年間の修業で、火拳のエースのワザがルフィーのパンチとミックスされたようだ。その威力はすごく、ホーディは飛ばされてすごいダメージを受け、見ている誰もが負けてしまったと思ったぐらいだった。
一方、ギョンコルド広場では、ワダツミ(大入道)が、前回に引き続き、腹に空気を入れて腹を物凄く大きくさせていた。サンジが「たしかに大きな腹だが、クラーケンのほうが大きいぞ」とか言って、ワダツミをそそのかしていた。で、もう、これ以上無理だっていうぐらいの腹の大きさになって、サンジは「いやー、これはすごい。驚いたよ」とか言って持ち上げていた。
ブルックはゼオと戦っていた。ゼオが再び透明になって、ブルックに近づいた。でも、ブルックは音で気づいたので、「ここが変だぞ」とか思って、地面を刀で刺した。そしたら、ゼオの背中に刺さり、透明になるどころでなくなって、姿が見えてきた。ゼオはプライドが高いので、またもや、負け惜しみを言った。「わしの背中から出た血でお前の刀を溶かそうとしたんだ。うまく行ったぜ。その刀は、すぐに溶け始めるぞ」とか言った。溶けるわけないのに。
ゼオは意外と、ダメージがなく、今度は鎖をブルックの首に巻きつけて引っ張り、ブルックの首(正確には頭蓋骨)を身体から引き離した。でも、ブルックは骸骨なので、ばらばらになっても、再び元の体にくっついた。結果的に、ブルックはなんともなかった。
ゾロはどうなったかというと、人斬り上戸のやつと刀で戦っていた。人斬りじょうごの刀は取っ手の部分しかなくなっていた。刀を持っていないのと同じである。なので、どうみても、ほぼ、ゾロの勝ちって感じである。
岩や地面や建物を食いちぎる能力のあるダルマさんはウソップと戦っていた。まだ決着は付いていない。
フランキーもイカロス・ムッヒと戦っていたが、まだ決着は付いていない。
チョッパーは物凄く巨大になっていた。たしか、空島の時にチョッパーは巨大モンスターになっていたが、そのときは敵も味方も関係なく暴れて、味方からもちょっとまずいっていう不安があった。でも、今回は、2年間の修業のせいなのか、敵と見方の識別や認識ができている。
というわけで、ギョンコルド広場では戦闘中で決着は付いていない。
ゼオは今度は、突飛な作戦に出た。なんと、ホーディ側の人間を殺しにかかった。このホーディ側の人間とは、以前から魚人に奴隷にされ、しかも、強制的に魚人側の兵隊にされ、ここで麦わらの一味に対して戦わされている。そういう身分の人間である。なぜ、そんな事をするかというと、「死してなお人間を呪え」というあまり論理的でない理由である。魚人にはこういう理屈が成り立つのかもしれない。あるいは、人間を人質みたいにして、ルフィー側に戸惑いを起こさせる狙いがあるのか?卑怯なやり方かどうかは別として、それなら、すこしは論理的ではあるが。
マダム・シャーリーは魚人の子供たちと同じ場所にいた。魚人の子供は、ゼオのこのおかしな行動を疑問に思って、「人間ってそんなに悪いの?」とマダム・シャーリーに聞いた。マダム・シャーリーは「悪いやつかどうかは、今、目の前でホーディーと戦っている麦わら達を見ればわかるだろ?」と言った。
さて、先ほどルフィーに火拳のワザとパンチをミックスした技を食らったホーディはどうなったか?まだ生きていた。それどころか、何か、錠剤みたいな豆みたいのを口にどんどん放り込んでいた。たぶん、エネルギーステロイドだろう。ホーディは口に入れているうちに、みるみる体の色が変わり、目もすごい形になった。誰が見ても、パワーアップしているとしか見えない。ルフィーもそれを見ていて、驚いている様子だ。
今回はここまで。●●●

●●●
第566話(2012-09-30日曜放送)のあらすじ(正式版)
タイトル→マウスでドラッグすると見れます→ 「ホーディ最終決戦!ついに決着」

あらすじ: 
ホーディはエネルギーステロイドを飲んだので、恐ろしく強くなった。そこで、ルフィーはギアセカンドのジェットピストルとかジェットバズーカとかデットホークとかのいろいろなパンチで攻撃した。でも、あんまし効果がなかった。ホーディはそのパンチを受けても平気だったし、パンチを素早く避けるようにもなった。しかも、少し前にルフィーはホーディーにサメの顎(あご)みたいなもので肩を噛みつかれ、かなりダメージを受けていた。
ホーディは更に、「むらさめ」という、イルカの形状の水玉を連続的に飛ばしてきた。ルフィーはそれをまともに受けて甲板の端の手すりみたいなところまで落下してしまった(ノアは横倒し状態だったので手すりに落下という形で衝突した)。
そこで、ルフィーはたぶん初めて使うギアサードというものを出した。それは、鋼鉄製の巨大な腕でパンチを与えるエレファントという名称のものだった。さらに、ゴムゴムのエレファントガトリングをいうミックス技をやった。たぶんギヤサードというのは威力のレベルのことだろう。エレファントとは巨大な腕の意味だと思う。ガトリングは連続パンチの意味のようだ。そしたら、ホーディが甲板の端に衝突し、その状態で再びエレファントガトリングを受けた。なので、ホーディがかなり弱った感じで、いわばプロレスやボクシングでよく使う単語のグロッキー状態って感じになった。
途中になるが、ギョンコルド広場ではどうなったか?
ブルックがゼオと戦っていた。ゼオは鎖のついた大きな刃物を振り回していた。で、「振り回しているこの円の中を通らなければ、わし(ゼオ)を倒せねーぞ。」とか言った。でも、ブルックは知らぬ間に円の中をとおり、しかも通りすぎてしまった。で、通り過ぎた後に、「お前を斬ったよ」とか言った。ゼオは、「何を言うか?」って思った。でも、ブルックが刀を鞘に収めた時、ゼオは突然倒れてしまった。すでにブルックの刀で切られていた状態になっていたのだった。なので、刀を鞘に収める音だけで倒れてしまった。
ウソップはというと、地面や建物を食って穴を開けたり引き裂いたりするダルマさんが相手なのだが、パチンコで投げた緑星とかいう玉がダルマさんの方面に向かっていた。で、そのミドリボシがトランポリンになった。で、ダルマさんがそのトランポリンでジャンプさせられて、空中に飛んだ。さらに、ウソップはミドリボシ・インパクトウルフというものをパチンコで放なった。それは、緑色の狼が空中に飛び、その鼻から衝撃波が出て、相手にダメージを与えるというものだ。ダルマさんはほぼ敗北状態になった。最近のウソップは随分手が込んでいますね。
チョッパーはというと、巨大モンスターになっていたのだが、以前の巨大モンスターと違って、敵と見方をはっきり識別しているので、たのもしい。頭がハンマーの形のドスンというやつを相手にしていた。ドスンは手にもハンマーを持って振り回して威嚇していた。だが、チョッパーがあまりにも巨大なので、巨大チョッパーの片手をちょっと動かしただけで相手は飛ばされてしまった。
●(チョッパー)●

【お取り寄せ】ケイカンパニー ワンピース×ハローキティ ダイカットポーチ ハローキティ/チョッパー【ONE PIECE】【キャラクターグッズ★雑貨】

価格:1,554円
(2012/10/3 15:53時点)
感想(1件)

フランキーがイカ型魚人のイカロス・ムッヒと戦っていた。フランキーはパワースーツみたいなロボットの中でロボットを操縦しているのだが、またまた、すごい兵器を使った。レーザービーム(正式名はラディカルビーム)だ。すごい威力でそのビーム一発でイカロス・ムッヒはやられてしまった感じである。それを見て、ウソップはすごすぎるって感じで感動していた。
ワダツミ(大入道)を相手にしているサンジはどうなったか。ワダツミが空気を腹に入れてすごく太った。そこで、ジンベイが魚人空手というもので空手チョップをお見舞いした。そしたら、ワダツミの息が口から抜けて、その息が噴射みたいになって、ワダツミは空に飛んでいってしまった。サンジは空中歩行のワザで追いかけた。しかも、サンジの身体が燃えている(身体が燃えるのも2年間の修業の成果のようです)。その火がワダツミに伝わって、ワダツミが燃えて真っ逆さまに地面へ落ちて行った。
ゾロはというと、人斬りじょうごのヒョウゾウというやつと戦っていたのだが、そいつの刀の柄の先を切ってしまった。本体がない刀を持っているということになる。なので、ほとんど人斬りじょうごの負けって感じだった。ところが、そいつはこんどは、刀の刃の部分を拾って刀の刃に毒を塗り始めた。その刀を使って、ゾロに後ろから切りかかった。でも、ゾロは、そんなことは全然平気で、すぐに反撃してしまった。
先ほどのルフィーとホーディの戦いを見てみよう。ルフィーはホーディの大わざで甲板から落とされてしまったのだが、反撃に出た。今度はギアサードと鋼鉄拳と連続パンチという今までの最高のワザのミックスって感じだった。何回も何回もすごいパンチを受けていたので、ホーディはほ大敗北って感じで、なんか、ホーディがやられてしまった感じである。
ルフィーはあまりにもすごい巨大鋼鉄製腕の連続パンチを与えたので、ホーディは船の手すりを突き抜けて、海中にどーんと飛ばされてしまった。それを見ていたエアタンク制御塔の魚人たちは「こんどこそ、ホーディを倒した-!!!」と叫んだ。
それで、今週は終わりなのだが、「倒した-」ということは勝利したという意味なのか?まだ再反撃もありうるのか? 来週になればはっきしわかるだろう。
●●●●●●


以下の薄い色の文字は速報版です。もはや不要なのですが、とりあえず残しておきました。速報版はテレビを見てすぐに書いたものです。ビデオでの再確認前に書いた内容です。でも、まあまあの出来だった。大筋は正しく解説している。

あらすじ: 
ホーディはエネルギーステロイドを飲んだので、恐ろしく強くなった。そこで、ルフィーはギアセカンド+火拳+鋼鉄拳でパンチを食らわした。でも、あんまし効果がなかった。ホーディはそのパンチを受けても平気だった。そこで、ルフィーはガトリングとかいう連続パンチをお見舞いした。しかし、そのいずれのパンチもよけてしまった。そして、ホーディは打ち水という水玉を飛ばしてきた。しかも、連続して、どんどん打ち水を打ってきた。ルフィーは最初は避けることができたが、そのうちに避けられなくなって、打ち水に何発も当たってしまった。ところで、ホーディとルフィーが戦っている場所はノアの甲板である。で、ルフィーは甲板の端から落ちてしまった(はっきりわからないが、あるいは、甲板に穴が開いて、その穴に落ちてしまったのかもしれない。)。ルフィーは打ちのめされて負けてしまった感じだった。でも、まだ、ルフィーには手があるようだ。
途中になるが、ギョンコルド広場ではどうなったか?
フランキーがイカロス・ムッヒと戦っていた。フランキーはパワースーツみたいなロボットの中でロボットを操縦しているのだが、またまた、すごい兵器を使った(具体的には忘れた)。それを見て、ウソップはすごすぎるって感じで感動していた。
チョッパーはというと、巨大モンスターになっていたのだが、以前の巨大モンスターと違って、敵と見方をはっきり識別しているので、たのもしい。あまりにも巨大なので、巨大チョッパーの片手をちょっと動かしただけで相手は飛ばされてしまった。
ウソップはというと、地面や建物を食って穴を開けたりちぎったりするダルマさんが相手なのだが、ざんかいパチンコで投げた緑星とかいうたまがダルマさんの方面に向かっていた。で、そのミドリボシとやらがダルマさんの近くで爆発あるいは燃えた。で、ダルマさんが負けそうになった。
ワダツミ(大入道)を相手にしているサンジはどうなったか。ワダツミが空気を腹に入れてすごく太った。そこで、ジンベイがちょっと刺激した(たぶん殴ったのかも)。そしたら、ワダツミの息が口から抜けて、その息が噴射みたいになって、ワダツミは空に飛んでいってしまった。サンジは空中歩行のワザで追いかけた。
ゾロはというと、人斬りじょうごのやつと戦っていたのだが、そいつの刀を取っての先から切ってしまったので、ほとんど人斬りじょうごの負けって感じだった。ところが、そいつは刀に毒を塗り始めた。それの刀を使って、ゾロに後ろから切りかかった。でも、ゾロは、そんなことは全然平気で、すぐに反撃してしまった。
ブルックはゼオと戦っていた。ゼオは大きな刃物を振り回していた。で、「振り回しているこの円の中を通らなければ、わし(ゼオ)を倒せねーぞ。」とか言った。でも、ブルックは知らぬ間に円の中をとおり、しかも通りすぎてしまった。で、通り過ぎた後に、「お前を斬ったよ」とか言った。ゼオは、「何を言うか?」って思った。でも、ブルックが刀を鞘に収めた時、ほんとうにゼオはブルックの刀で切られて倒れてしまった。
先ほどのルフィーとホーディの戦いを見てみよう。ルフィーはホーディの大わざで甲板から落とされてしまったのだが、反撃に出た。今度はギアサードと鋼鉄拳と連続パンチという今までの最高のワザのミックスって感じだった。何回も何回もすごいパンチを受けていたので、ホーディはほ大敗北って感じで、なんか、ホーディがやられてしまった感じである。●●●




スポンサーサイト
[ 2012/09/02 22:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

  特別目次
ワンピース(アニメ)
ワンピースのリンク集
●登場人物:
当サイト→[[[ こちら ]]]
他サイト→[[[ 麦わらの一味9人  竜宮王国  海賊(wiki版) 新魚人海賊団(青ページ版) ]]]
●あらすじ:
魚人島編の簡単なあらすじ
◇魚人島編の詳細なあらすじ
 ↓↓↓
(2012年6月放送までの数ヶ月分)
(2012年7月放送分)

(2012年8月放送分)

(2012年9月放送分)

(2012年10月放送分)

(2012年11月放送分)

◇新世界編 > ゼットの野望篇 の詳細なあらすじ
 ↓↓↓
(2012年12月放送分)

(2013年1月放送分)





当ブログサイトについて

SI系タイムスタンプ及び行政書士系タイムスタンプ済み (当ブログサイトに記載された日時とは無関係です)



このブログサイトのサイトマップ


検索フォーム(このブログ内)
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ah12345

Author:ah12345
ARCTICとは「北極」という意味ですが、単にカッコいいからつけた名前であって、ブログ内容とは殆ど無関係です。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


●全メニューの後半●
(前半は右側にあります)
↓↓↓
サイトマップ

以下はサイト内の全ページの列挙です。ただし、最近のは上記の「最新記事」欄をご覧ください:

作成順です。ジャンル別ではありません。

マウスゼスチャーとは。動画で説明。フリーソフトや拡張機能も。

天井の照明をリモコンにする方法(テレビのリモコンのように持ち運べる)

FC2ブログを複数持っているとログインしにくいのを解決する方法

質問: メガネがずり落ちない方法とか道具を教えて

グーグルクロームのページアイコンをデスクトップに置く方法

すでに結んであるネクタイ(結び方を知らなくてもそのまま装着)

質問: なぜ、806円の買い物で1000円札と6円を渡すの?解りやすく説明してください。

全く同じページのタブをもう一つ作る方法(googleクローム)

別ウインドウのリンクであっても同一ウインドウで開く方法(googleクローム)

ブックマークやリンクを別タブまたは別ウインドウで開く方法(googleクロームおよび他のブラウザ)

ワンピースのあらすじ・登場人物・用語のリンク集

ブリーチのあらすじ・登場人物・用語のリンク集

スペイン語の習得で重要なこと。具体的な文法や例文など。

宇宙に果てがあるの?端に壁とか崖があるの?

FC2ブログのサイトマップの作り方(超簡単)(あっという間に出来る)

FC2ブログのバックアップの方法 と 復元する方法

歯は食後すぐには磨かない方が良い。あと、お茶は歯に良い。(参考文献:ガッテン、TDC)

↑↑↑
●全メニューの後半●
(前半は右側にあります)



フレッツ光(光ファイバー)

カメラが見ている時だけ止まるネコ


スポンサード リンク